RSS
Admin
Archives

花天花

✿花天とは、空いっぱいに見えるほどにたくさん花が咲くことをいいます。私は、その花を花天花と呼びます。私と一緒に、理想の花「花天花」を見つけてみませんか?

プロフィール

katenka

Author:katenka
✿理想の花「花天花」とは?
 宿根草で、
 耐暑性・耐寒性に優れ、
 四季咲き性で、
 鑑賞性があり、
 病害虫に強い、
こんな植物かな、(◕ฺ‿◕ฺ✿ฺ)
:青森県在住

facebookプロフィール:https://www.facebook.com/tamotsu.watanabe

最新記事
最新コメント
カテゴリ
お気に入りリンク一覧
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Facebook
RSSリンクの表示
ご訪問者の皆様
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.05
17
Category : ✿青森の植物
今年は、雪が多かったこともあり、本来ならば、5月の連休明けには、
通れるところも、雪があり通れない状態が続いていました。
ようやく、雪が消え、通れるようになったので、ある植物を探しに行ってきました。

1_20120517190610.jpg
2_20120517190609.jpg
3_20120517190608.jpg
キクザキイチリンソウ(菊咲き一輪草) Anemone pseudo-altaica
【特徴】山野に生える多年生草本で、根茎は地中を横に這い、細く長くて節線がある。茎は単一で直立する。根生葉は2回3出複葉で柄があり、小葉は卵形で欠刻や欠刻状歯状牙がある。包葉は茎の先端にあって3葉が輪生し、各々は有柄の3出葉で柄のつけ根は鞘となってひろがる。
【花期】4~5月 【草丈】10~20cm 【花色】淡紫色または白色
【分布】北海道、本州近畿地方以北

4_20120517190607.jpg
5_20120517190606.jpg
コキンバイ(小金梅) Waldsteinia ternata
【特徴】山地のブナ帯より高い森林内の開出地に生える多年生草本、根茎は地中を這い、先端に2~3葉を束生する。葉は長い葉柄を持った3出複葉で、小葉は倒卵形、極短い柄を持つ、上半部の縁は切れ込み状の歯牙状鋸歯があるが、下半部ではほぼ全縁、側小葉では、しばしば、さらに深く2裂する。葉質はやや厚く光沢がある。托葉は革質で、茎の先端部は麟片状になって後まで残る。
【花期】5~7月 【草丈】10~15cm 【花色】黄色
【分布】北海道、本州中部以北

8_20120517190820.jpg
ヒトリシズカ(一人静) Chloranthus japonicus
【特徴】浅い山地の林内に生える多年生草本で、根茎は多節でしばしば短縮して塊状になり、灰褐色のひげ根を多数出す、茎は直立して、節が3~4個あり、液質、無毛、滑らかで暗緑に紫色を帯びている。各節には2個の麟片葉が対生している。茎の先には4個の葉が相接して対生していて、一見すると輪生のように見える。葉には柄があり楕円形、短鋭尖頭、基部は円形または鈍形、縁に鋭い鋸歯がある。葉の色は暗緑色で、ややつやがあり、膜質。
【花期】4~5月 【草丈】30~50cm 【花色】白色
【分布】北海道、本州、九州、四国

9_20120517190819.jpg
キバナイカリソウ(黄花錨草) Epimedium koreanum
【特徴】山地の林内に生える多年生草本で、茎は細くて硬く、葉は、3枚の小葉が2回、計9枚つく2回3出複葉で、卵形または狭卵形で、先は鋭形で刺毛状の鋸歯がある。
【花期】4~5月 【草丈】30~60cm 【花色】淡黄色
【分布】北海道、本州北部

11_20120517190816.jpg
2花咲きは珍しいかも?
10_20120517190817.jpg
シュンラン(春蘭) Cymbidium goeringii
【特徴】山林や低山地の乾燥した土地に多い常緑多年生草本、ひげ状根は粗大で肉質、白色で、球状鱗茎は密生して横に連なり、上部は枯葉の基部で包まれている。葉は多く2列の扇状に出て、上半は湾曲して垂れ、広線形で質は非常に強靭で、暗緑色をしており、へりは粗雑な鋸歯にざらつく。
【花期】4~5月 【草丈】20~50cm 【花色】淡黄緑色
【分布】北海道、本州、九州、四国

だいぶ伸びていますね。
12_20120517190901.jpg
クサソテツ(草蘇鉄) Matteuccia struthiopteris
【特徴】山野の林中に生える落葉性の多年生草本で、根茎は塊状で地中に直立し、古い葉柄の残りで頑丈に見える。地下枝を出し地中を横に這い、先端に新しい株をつくる。葉には栄養葉と胞子嚢との2型があり、根茎から束生する。春には栄養葉が最初に現れ、胞子葉は秋に出る。栄養葉は1mに達し、草質、鮮緑色、葉柄は短く、その基部は広がって横断面が広三角形となり、皮針形しかも全縁の麟片をまばらにつける。
【草丈】50~100cm 
【分布】北海道、本州、九州

13_20120517190900.jpg
14_20120517190859.jpg
16_20120517190857.jpg
タチツボスミレ(立坪菫) Viola grypoceras
【特徴】山地に普通に生える有茎性の多年生草本で、根の質はやや硬く、地上茎は花後20cmほどになるが、花期には短く目立たないときもある。茎は長柄のある根葉とともに束生し、互生する短柄の茎葉をつける。托葉は広皮針形で縁が、櫛の歯状に深く分裂する。葉身は卵円形や三角状卵形になり、基部は心臓形、先はわずかに尖る。縁には多数の鈍い鋸歯がある。
【花期】4~6月 【草丈】7~12cm 【花色】淡紫色
【分布】北海道、本州

15_20120517190858.jpg
ナガハシスミレ(長嘴菫) Viola rostrata
【特徴】山地や路傍ににみられるが、母種はが北アメリカ東部山地にも隔離して、分布する得意な種類で、花時には高さ10cmほどで小さく束生するが、花後には地下茎は長く延びて大株になる。葉は生長すると広卵形で先が尖り、基部は深い心臓形、有柄、表は無毛で平たく暗青緑色、裏は淡色でしばしば薄く紫を帯びた葉の残りがよくついている。
【花期】4~5月 【草丈】5~10cm 【花色】紅紫色
【分布】北海道、本州

17_20120517190950.jpg
花弁が4枚のもありますね。
18_20120517190951.jpg
ミツバアケビ(三葉木通) Akebia trifoliata 
【特徴】山野に多く生える落葉のつる性低木で、他物に巻きついて高く上る。茎の根元から出る匐枝は痩せて細く、地上を遠くまで横走る。葉は互生で長い柄があり3出複葉で、柄と小柄との間に節があり、小葉は卵形あるいは広卵形、先端は鈍形、粗い鋸歯があり、小葉柄と節合し、葉は新しい枝では互生し、古い茎は短枝上に叢生する。
【花期】4~5月 【樹高】つる性 【花色】黒紫色
【分布】本州、北海道、九州

28_20120517192124.jpg
オオバキスミレ(大葉黄菫) Viola brevistipulata
【特徴】低山帯上部や亜高山の林縁などにしばしば群生する多年生草本で、地下茎は横に這い、細根が節々から出る。根葉は数少なく、長柄があって心臓形、先が鋭く尖り、縁には鋸歯が多数ある。質は薄く、主な支脈は葉の先に向かって、湾曲して延び、毛はない。茎葉は3~4個で茎の上部に集まり、葉柄は短く、根生葉より小さい。最上部のものは時に長卵形、切脚または楔形で葉柄に移る。
【花期】5~7月 【草丈】15~30cm 【花色】黄色
【分布】北海道、本州中部以北

20_20120517190949.jpg
シラネアオイ(白根葵) Glaucidium palmatum
【特徴】深山の樹の下の陰地に生える多年生草本で、根茎は肥厚し、茎の基部には数個の鞘状膜質の葉がある。茎葉は茎の上部に普通2個互生してつき、有柄で肝臓状円形、基部は心臓形、掌状で5~7個に尖裂し、裂片は鋭く尖り、鋭い鋸歯があり、脈は上面で凹み、両面とも脈上には毛がある。
【花期】6~7月 【草丈】20~50cm 【花色】紫色
【分布】北海道、本州中部以北

21_20120517190947.jpg
22_20120517190946.jpg
エンレイソウ(延齢草) Trillium smallii
【特徴】深山からやや浅い山地の林内にも生える多年生草本で、地下茎は短大で直立している。茎は1~3条を出し単一で分枝せず、基部は褐色の膜質の麟片葉で囲まれており、先に無柄の3枚の葉を輪生している。葉は広卵円形で、先端は尖り3~5の脈がある。
【花期】5~6月 【草丈】20~50cm 【花色】濃紫色
【分布】北海道、本州、九州

23_20120517190945.jpg
スミレサイシン(菫細辛) Viola vaginata
【特徴】山林内に生えるいわゆる無茎性の多年生草本で、地上茎が見えない。地下茎は粗大で分枝し、横に延びて節が多い、株のつけ根には褐色の古い托葉が、麟片状についている。葉は長柄があって数枚束生し、つけ根にはほとんど、離生する膜質の托葉がある。葉身は心臓状円形で先は短いが、鋭く尖り、縁には鋸歯があり、質はやや薄く毛もほとんどない。
【花期】4~6月 【草丈】7~12cm 【花色】淡紫色
【分布】北海道、本州

24_20120517191012.jpg
25_20120517191011.jpg
カタクリ(片栗) Erythronium japonicum
【特徴】山中に生える多年生草本、根茎は白色多肉の麟片状で数個が続いて地中深く横たわっている。鱗茎は筒状となって根茎の先から直立し、皮針形の柱状をして白色で厚みがある。葉には、長い柄があって平開し、狭卵形または楕円形で両辺には多少の波曲があり、まれには地にしているものがある。葉質は厚く軟らかく表面は淡緑色で、紫色で斑点がある。
【花期】4~5月 【草丈】10~15cm 【花色】紫色
【分布】北海道、本州

イタヤカエデの花がこんなのとは思いませんでした。
結構好きかも。
26_20120517191010.jpg
27_20120517191009.jpg
イタヤカエデ(板屋楓) Acer mono
【特徴】山地に生える落葉性高木で、対生の葉には柄があり、掌状に5~7に中裂または浅裂し、裂片は卵状または三角状で、先端が尖り尾状にあり、基部は切り形または心臓形、縁は全縁である。毛はなく平滑であるが、裏面の脈の基部には毛がある。
【花期】4~5月 【樹高】20mに達する 【花色】淡黄色
【分布】北海道、本州、九州

今回探しているものの一つがこれです。
こんな早春に、こんな地味な花だと気付きませんね。
ましてや、樹木なので気付かないでしょうね。
あとは、実を見てみないと。
6_20120517190822.jpg
7_20120517190821.jpg
エゾヒョウタンボク(蝦夷瓢箪木) Lonicera alpigena ssp. glehnii
【スイカズラ科】【花期】5~6月【分布】北海道、本州


雪が多かったこの冬ですけど、
ここのところの、温度上昇で、花が一気に咲いた感じでしょうか?
こんなに、多くの種類を同時に見れるのは、
珍しいのかもしれません。
もう一つ探しものがあったのですが、
見つけることが出来ませんでした。
そちらが、メインだったのですが、
ちょっと、難しいのかもしれません。
近々、また、挑戦しに行きたいと思います。


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

ブログの再開、待っておりました!(笑) 自然の中でこんなにたくさんの植物が見れてとても羨ましいです。(笑) 個人的には春のこの時期に咲く植物がとても好きです。エンレイソウも地味だけどいいなあ・・・。

Re: タイトルなし

> ブログの再開、待っておりました!(笑) 自然の中でこんなにたくさんの植物が見れてとても羨ましいです。(笑) 個人的には春のこの時期に咲く植物がとても好きです。エンレイソウも地味だけどいいなあ・・・。

:今年は、冬が長かったので、花の有難さがわかるような気がします。(前回の桜同様)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。