RSS
Admin
Archives

花天花

✿花天とは、空いっぱいに見えるほどにたくさん花が咲くことをいいます。私は、その花を花天花と呼びます。私と一緒に、理想の花「花天花」を見つけてみませんか?

プロフィール

katenka

Author:katenka
✿理想の花「花天花」とは?
 宿根草で、
 耐暑性・耐寒性に優れ、
 四季咲き性で、
 鑑賞性があり、
 病害虫に強い、
こんな植物かな、(◕ฺ‿◕ฺ✿ฺ)
:青森県在住

facebookプロフィール:https://www.facebook.com/tamotsu.watanabe

最新記事
最新コメント
カテゴリ
お気に入りリンク一覧
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Facebook
RSSリンクの表示
ご訪問者の皆様
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.07
30
Category : ✿青森の植物
7月29日。
5月17日に出かけている十和田湖近辺に出かけてきました。
9_20110730095516.jpg
今日は、雨模様です。
天気予報では午前30%午後30%の予定ですが、はずれているようです。
暑くないのでいいでしょう。
12_20110730095531.jpg
何の影響なのか?
こんな色の葉になっています。
このように、紅葉すると綺麗なんですが。
1_20110730095557.jpg
2_20110730095619.jpg
ヤグルマソウ(矢車草) Rodgersia podophylla
【特徴】深い山に生える大形の多年生草本、葉は大きいもので直径50cmにも達し、おおむね掌状5出複葉、長い柄がある。小葉は倒卵状楔形、先端は3~5裂し、裂片は、先頭が尾状に鋭く尖り、縁には不整の鋸歯がある。全体に微毛が散布し、托葉は膜質で、縁は麟片状に細かく裂ける。茎の上部の葉は短い柄があって掌状3出複葉である。
【花期】6~7月 【草丈】50~100cm 【花色】白色
【分布】北海道、本州

今が、シーズンと言うところでしょうか。
3_20110730095639.jpg
エゾアジサイ(蝦夷紫陽花) Hydrangea macrophylla var. megacarpa
【特徴】山野に生える落葉のつる性低木で、葉は長楕円形で長さ10cm内外となり質薄く光沢なく、両面に毛を散生する。
【花期】7~8月 【樹高】100~150cm 【花色】碧色
【分布】北海道、本州中部以北
13_20110730100144.jpg
14_20110730100157.jpg

アマチャズルかな? と思っておりましたが、
ちょっと、違うかもしれません。
不明。
5_20110730095700.jpg
6_20110730095711.jpg
トリアシショウマの葉を撮ってみました。
7_20110730100758.jpg
8_20110730095746.jpg
トリアシショウマ(鳥足升麻) Astilbe thunbergii var. congesta
【特徴】山地に生える無毛の多年生草本、葉は2~3回3出複葉、小葉は薄く卵形あるいは長卵形、先端は尾状に鋭く尖り、縁には重鋸歯があル。
【花期】6~7月 【草丈】40~60cm 【花色】白色
【分布】北海道、本州中部以北

葉は、結構、好きなんですが、
花が、いまいちなので、観賞価値がないのですよね。
10_20110730095812.jpg
11_20110730095830.jpg
ヨブスマソウ(夜衾草) Cacalia hastata subsp. orientalis
【特徴】深山の湿った林内に生える多年生草本で、茎は直立して、葉は互生し大形で中葉は三角状ほこ形で、3方に尖り、さらに基部でおのおの1対の小さなとがりがあって、縁は鋭い鋸歯がある。葉柄は広い翼があってしばしば茎を抱く、上葉はしだいに短柄となり、三角状ほこ形から長楕円形になり、花茎のものでは線形になる。
【花期】8~9月 【草丈】100~200cm 【花色】白色
【分布】北海道、本州

ちょうど、果実が赤くなっています。
18_20110730095904.jpg
タケシマラン(竹縞蘭) Streptopus streptopoides var.japonicus
【特徴】高山の針葉樹林中に生える多年生草本、根茎は多少肥厚して節が多い。茎は直立し、多くは中辺で2つに分かれ、しばしば4~5個の波を打ち、全株無毛である。葉は枝の上で左右に広がって、2列に並び柄がなく、卵状皮針形で先端は鋭尖形で、基部は葉を抱いていないし、3脈が縦走しているがはっきり見え、表裏ともに暗緑色で膜質である。へりは滑らかで毛はない。
【花期】6~8月 【草丈】15~20cm 【花色】淡赤褐色
【分布】北海道、本州中部以北

ちょっと、珍しいかもしれませんが、
花が、まだ、蕾なのが残念です。
19_20110730095927.jpg
20_20110730095938.jpg
マルバキンレイカ(丸葉金鈴花) Patrinia gibbosa
【特徴】山地で湿潤なところに生える多年生草本で、全体に毛がほとんどないか、やや短毛があり、一種の異臭がある。茎は直立し円柱形で、葉はまばらに対生し、上部に翼のある柄があり、葉身は広楕円形または卵円形、羽状は浅裂、裂片は三角形でさらに鋸歯があり、上面は緑色、下面は淡緑色で鮮明な脈上に普通短毛がある。
【花期】7~8月 【草丈】30~70cm 【花色】黄色
【分布】北海道、本州北部

今が、シーズンです。あちこちでみかけます。
21_20110730095959.jpg
オオウバユリ(大姥百合) Cardiocrinum cordatum var. glehnii
【特徴】森林中に生える大形の多年生草本、麟茎は白色で、これは2~3枚の根生葉の柄の基部が大きく膨れて重なった部分である。、茎は緑色で、太くて平滑中空で柔らかい。葉は、葉柄が長く、広楕円状心臓形、先端は鋭尖形、深心臓脚で網状脈があり、つやがある。
【花期】7~8月 【草丈】50~100cm 【花色】緑白色
【分布】北海道、本州北部

タケシマランと似ていますが、草丈が違うのと、
果実が、ぶら下がっている根元部分が、ねじれているところです。
22_20110730100019.jpg
オオバタケシマラン(大葉竹縞蘭) Streptopus amplexifolius var. papillatus
【特徴】深山の林下に生える多年生草本、茎は中部で2~3に分枝し、葉は卵形または卵状楕円形、基部は心形で茎を抱き、表面は黄緑色、裏面は灰白色を帯び、縁に突起毛がある。
【花期】6~7月 【草丈】50~100cm 【花色】白緑色
【分布】北海道、本州中部以北

あちこち、咲いているのと、
花が白のみ、あまり好きではないですね。
23_20110730100041.jpg
ヤマブキショウマ(山吹升麻) Aruncus dioicus var. tenuifolius
【特徴】山地に生える多年生草本で雌雄異株,全く毛がない。葉は長い滑らかな葉柄を持った、2回3出複葉で、9枚の小葉をつける。小葉は膜質、卵形、鋭尖頭、基部は鈍形、両面とも無毛またはややまばらに毛がある。支脈は明らかで斜めに並行して走り11~15本、葉縁に届く、縁には鋸歯または切れ込み状の重鋸歯がある。
【花期】6~9月 【草丈】50~100cm 【花色】黄白色
【分布】北海道、本州中部以北

15_20110730100445.jpg
16_20110730100457.jpg
17_20110730100509.jpg

川の流れを撮るモードにして撮っています。
安物のデジカメでもそこそこ撮れるものです。
では、また。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。