RSS
Admin
Archives

花天花

✿花天とは、空いっぱいに見えるほどにたくさん花が咲くことをいいます。私は、その花を花天花と呼びます。私と一緒に、理想の花「花天花」を見つけてみませんか?

プロフィール

katenka

Author:katenka
✿理想の花「花天花」とは?
 宿根草で、
 耐暑性・耐寒性に優れ、
 四季咲き性で、
 鑑賞性があり、
 病害虫に強い、
こんな植物かな、(◕ฺ‿◕ฺ✿ฺ)
:青森県在住

facebookプロフィール:https://www.facebook.com/tamotsu.watanabe

最新記事
最新コメント
カテゴリ
お気に入りリンク一覧
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Facebook
RSSリンクの表示
ご訪問者の皆様
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.10
15
Category : ✿青森の植物
しばらくブログの更新を怠っておりました。
なにやら、
使用していたテンプレートの期限切れとかで、
ドタバタしてしまいました。
ようやく、このテンプレートで、とりあえず再開することになりました。

今年は、キノコが、まあまあ豊作のようですね。
先日、舞茸もいただき、天ぷらにして食べました。
やはり、秋はキノコが恋しくなります。

1_20121015184800.jpg
2_20121015184809.jpg
3_20121015184819.jpg
4_20121015184826.jpg
5_20121015184842.jpg

6_20121015184849.jpg
残念ながら、待望のナラタケは、まだ、こんな状態でした。
7_20121015184856.jpg
8_20121015184905.jpg

それでは、また次回。
スポンサーサイト
2012.07
29
Category : ✿青森の植物
7月26日
父親の腕の状態もよくなってので、
いつも行っている十和田湖近辺へ行ってきました。
全国的に猛暑のようで、
標高は高いのでしょうが、
体感的な涼しさはなく、
ムシムシした感じです。
1_20120729134713.jpg
2_20120729134712.jpg

あちこち咲いています。
3_20120729134711.jpg
オニシモツケ(鬼下野) Filipendula kamtschatica
【特徴】山地に生える多年生草本、茎は緑色で直立し、数枚の茎上葉を互生する、葉は大形で広卵形、基部は心臓形、多くは掌状に5中裂する。裂片は三角形または卵状三角形、縁には切れ込み状で、重歯牙状の鋸歯がある、上面は無毛、下面はやや無毛で、ただ葉脈上に粗毛がある。葉柄は強くて丈夫、ごく小さく痕跡状の小葉を数対付ける。托葉は半心臓形で縁にはおおきな鋸歯がある。
【花期】6~9月 【草丈】100~200cm 【花色】白色
【分布】北海道、本州中部以北

大きな草の下で、偶然見つけた感じです。
4_20120729134710.jpg
クモキリソウ(雲切草) Liparis koreana
【特徴】山地の林内に生える多年生草本、地上部は年々枯れる。偽鱗茎は卵球形で緑色、多く地上に露出し、たいてい枯れた葉柄の残りで包まれている。葉は2枚ずつ前年の茎の側方に出て、それぞれが反対の方向に斜開始、楕円形または卵状楕円形で、鈍頭、少し厚く鮮緑色、ふちは多くは細かくちじれ、基部は翼のある柄となって互いに抱いている。
【花期】5~6月 【草丈】15~30cm 【花色】淡緑色
【分布】北海道、本州

5_20120729134709.jpg

昨年は、8月には行ってからきたので、開花は見られませんでしたが、今年は見れましたね。6_20120729134709.jpg
オオウバユリ(大姥百合) Cardiocrinum cordatum var. glehnii
【特徴】森林中に生える大形の多年生草本、麟茎は白色で、これは2~3枚の根生葉の柄の基部が大きく膨れて重なった部分である。、茎は緑色で、太くて平滑中空で柔らかい。葉は、葉柄が長く、広楕円状心臓形、先端は鋭尖形、深心臓脚で網状脈があり、つやがある。
【花期】7~8月 【草丈】50~100cm 【花色】緑白色
【分布】北海道、本州北部

7_20120729134802.jpg
8_20120729134801.jpg
9_20120729134800.jpg
10_20120729134759.jpg

ツリバナの果実、まだ硬いですね。
11_20120729134758.jpg
12_20120729134757.jpg

花がない時期になってきました。
標高の低いところでは、アジサイが咲いていましたが、
ここはまだ蕾でしたね。

では、また。

渓流を楽しみたい方は、こちらをご覧ください。
渓流:Mountain Stream1
渓流:Mountain Stream2
2012.07
19
Category : ✿青森の植物
2年前から八甲田の田代高原にヤナギランを探しに行っておりましたが、
お目にかかれませんでした。
田代湿原にあるものと思っており、
たまたま、管理されている方に尋ねたところ、
田代湿原にはなく、
田代高原のようことで、ようやく自生地が特定できました。

キンコウカが咲き始めてきていました。
1_20120719151911.jpg
2_20120719151949.jpg
キンコウカ 金黄花 Narthecium asiaticum
【特徴】高山の湿気の多い草原に生える多年生草本で、根茎は短く横に這居、葉は2列に開いて根生し、剣のような線状をし、先端は尖って少し内に曲がり、下部は少し狭くなって半ば鞘となる。多数の葉脈が縦走りしているが、主脈はなくて厚手の質である。
【花期】7~8月 【草丈】20~35cm 【花色】鮮黄色
【分布】北海道、本州中部以北

ニッコウキスゲは、終わりですね。
3_20120719151948.jpg
ニッコウキスゲ 日光黄萓 Hemerocallis middendorffii var. esculenta
【特徴】山地の草原に群生して生えることがよくある多年生草本で、根は赤褐色で所々に楕円形の肥大部がある。葉は2列に扇形に出て、鮮緑色をしており、上半部はわん曲して垂れている。
【花期】6~7月 【草丈】50~60cm 【花色】濃い橙黄色
【分布】北海道、本州中部以北

4_20120719151947.jpg
カキラン(柿蘭) Epipactis thunbergii
【特徴】日当たりのよい湿地に生える多年草、根茎は横に這い、節から根を出す。基部は紫色を帯び、少数の鞘状葉になって茎を抱く。葉は5から10枚つき、狭卵形で、縦脈がある。
【花期】6~8月 【草丈】30~70cm 【花色】黄褐色
【分布】北海道、本州、九州

5_20120719151946.jpg
トキソウ(朱鷺草) Pogonia japonica
【特徴】日当たりの良い湿地に生える多年草、根茎は横に這い、やや硬く肥厚しないので、根のように見える。茎はその根茎から出て、高さ10から30cm、基部に膜質の鱗片葉があり、ふつうの葉は1個で中央につく。葉は、披針形または線状長楕円形で、基部は細くなって翼状に茎に沿って流れ、鞘をつくらない。
【花期】5~7月 【草丈】10~30cm 【花色】紅紫色
【分布】北海道、本州、九州、四国

6_20120719151945.jpg
マルバシモツケ(丸葉下野)学名:Spiraea betulifolia)

ノイバラかどうか、はっきりはわかりません?
8_20120719152032.jpg

昨日暖かかったせいなのか?
霧なのでしょうか?
天候は、こんな感じです。
今日は、八甲田の山の写真は諦めていました。
11_20120719152030.jpg
12_20120719152029.jpg


ようやく、ヤナギランを見つけました。
ほんの一角にすね。
ほかにもありのでしょうけど、
咲きはじめですね。
7_20120719151944.jpg
9_20120719152032.jpg
10_20120719152031.jpg
ヤナギラン 柳蘭 Epilobium angustifolium
【特徴】山野の日あたりの良い場所を好む多年生草本で、根を長く引いてよく苗を出し、時々野原一面に茂ることがある。茎は、直立して分枝せず、葉は互生し、皮針形、先端は尖り、支脈が多くの葉の内側で連絡する。
【花期】6~7月 【草丈】100~150cm 【花色】紅紫
【分布】北海道、本州中部以北
柳蘭:§葉が柳に似ていて,花が蘭の花を思わせるところから命名。

笠松峠を過ぎたころより、
晴れ間が見えてきました。
良かった。
13_20120719152028.jpg
14_20120719152055.jpg
15_20120719152054.jpg
16_20120719152053.jpg
17_20120719152052.jpg


それにしても、
ヤナギランについて教えていただいた方が、
「ヒツジグサも綺麗ですね」と教えていただいたのですが、
「え、あれ、ヒツジグサでしたっけ?」と私、
「え、ヒツジグサは白ですよね? ?」と私、
外来種を植えたというように聞いた気がしたが????
このことは、話さず、思わず信じてしまいました。
帰って、調べてみたら、
やはり、開拓当時に温帯性スイレンを植えたようです。
こういうの困りますよね。
私にヒツジグサだと教えていただいた方がこれを見ていれば良いのですがね。
18_20120719152051.jpg
では、また。
2012.07
15
Category : ✿青森の植物
7月11日。
父親が腕を骨折して、
なかなか、傷みがひかないということで、
遠出できていませんでしたが、
だいぶよくなったということで、
出かけてきました。
天候は、晴れ、ちょっと蒸し暑いくらいです。

1_20120715151314.jpg

4_20120715151311.jpg
ズダヤクシュ 喘息薬種 Trarella polyphylla
【特徴】亜高山帯の木の下に生える多年生草本、根生葉はややチャルメラソウに似て、3~5に浅く裂け、不整の鋸歯があり、腺毛賀ある。茎は2~4枚の柄のある葉を互生する。
【花期】6~7月 【草丈】10~25cm 【花色】白色
【分布】北海道、本州

5_20120715151310.jpg
オオバキスミレ 大葉黄菫 Viola brevistipulata
【特徴】低山帯上部や亜高山の林縁などにしばしば群生する多年生草本で、地下茎は横に這い、細根が節々から出る。根葉は数少なく、長柄があって心臓形、先が鋭く尖り、縁には鋸歯が多数ある。質は薄く、主な支脈は葉の先に向かって、湾曲して延び、毛はない。茎葉は3~4個で茎の上部に集まり、葉柄は短く、根生葉より小さい。最上部のものは時に長卵形、切脚または楔形で葉柄に移る。
【花期】5~7月 【草丈】15~30cm 【花色】黄色
【分布】北海道、本州中部以北
6_20120715151310.jpg

コケイラン 小蘭 Oreorchis patens
【特徴】深山の木陰の地に生える多年生草本、地下には卵球形の偽鱗茎を具え、頂から1~2葉、側方から1花茎を出す。葉は倒狭皮針形または線状倒皮針形でひだがある。下部は葉柄状に尖っている。茎は直立し、下部には麟片をつける。
【花期】5~6月 【草丈】30~40cm 【花色】黄褐色
【分布】北海道、本州

2_20120715151313.jpg

カエデの仲間、詳しくはわかりません。
7_20120715151645.jpg

8_20120715151645.jpg
ミツガシワ 三槲 Menyanthes trifoliata
【特徴】山地の沼や沢などの湿地に生える多年生の水草で、地下茎は肥厚して横走りし、緑色、茎は長い柄があり、柄の基部は鞘状となる。葉は3個の小葉からなり、鋸歯があり、卵状楕円形またはひし形状楕円形、葉質はやや厚く無柄である。
【花期】4~5月 【草丈】20~30cm 【花色】白色
【分布】北海道、本州、九州

9_20120715151644.jpg
ハクサンチドリ 白山千鳥 Orchis aristata
【特徴】高山の草地に生える。根は掌状に肥厚するものがある。葉は倒披針形、基部は茎を抱き、長さ5-15cm、幅1-3cm。花は、淡紅紫色、苞は披針形。
【花期】6~8月 【草丈】10~40cm 【花色】淡紅紫色
【分布】北海道、本州中部以北

10_20120715151643.jpg
ツマトリソウ(褄取草) Trientalis europaea
【特徴】亜高山の草地や林縁に生える多年生草本で、10-20個の葉が茎の上部にやや輪生状に付く。葉は薄く、広披針形で先がとがり、ほとんど柄がない。花は上部の葉腋から2-3cmの花柄を伸ばし、上向きに開くが、1個のみの場合が多い。
【花期】6~7月 【草丈】10~20cm 【花色】白色
【分布】北海道、本州、四国

3_20120715151312.jpg

11_20120715151642.jpg
ミヤマツボスミレ 深山坪菫 Viola verecunda var. fibrillosa
【特徴】亜高山から高山帯に生える多年生草本で、葉が円形。
【花期】6~8月 【草丈】10~20cm 【花色】淡紫色
【分布】本州中部以北

12_20120715151641.jpg
モウセンゴケ 毛氈苔 Drosera rotundifolia
【特徴】山のふもとや原野の湿った日の当たるところに生える多年生草本の食虫植物である。全体は小形でよく群れをなして生え、赤褐色に見える。葉は根生し地面に平らに伏せ、数個の車輪状に見える。へら形で先端は円く、下部は次第に狭くなり葉柄部は明かでない。葉面には紫紅色の線毛が密生し、小虫を粘液で捕らえる。
【花期】6~8月 【草丈】10~15cm 【花色】淡紅色
【分布】北海道、本州、九州、四国

13_20120715151937.jpg
クルマムグラ 車葎 Galium trifloriforme var. nipponicum
【特徴】深山の林中に生える多年生草本で、根茎は少し横に這って分枝し、茎は直立し、4稜があり、稜上には刺がない。葉はふとう6枚輪生し、披針形で、先はとがり、裏面の中脈には刺状毛がない。
【花期】6~7月 【草丈】20~50cm 【花色】白色
【分布】北海道、本州、九州、四国

14_20120715151936.jpg
オニシモツケ 鬼下野 Filipendula kamtschatica
【特徴】山地に生える多年生草本、茎は緑色で直立し、数枚の茎上葉を互生する、葉は大形で広卵形、基部は心臓形、多くは掌状に5中裂する。裂片は三角形または卵状三角形、縁には切れ込み状で、重歯牙状の鋸歯がある、上面は無毛、下面はやや無毛で、ただ葉脈上に粗毛がある。葉柄は強くて丈夫、ごく小さく痕跡状の小葉を数対付ける。托葉は半心臓形で縁にはおおきな鋸歯がある。
【花期】6~9月 【草丈】100~200cm 【花色】白色
【分布】北海道、本州中部以北

16_20120715151935.jpg
ノウゴウイチゴ 能郷苺 Fragaria iinumae
【特徴】高山帯または亜高山帯の日当たりの良く、湿ったところ生える多年生草本、茎は太く短く、根生葉は3~5枚束生する。花が終わってから、匍匐枝を長く延ばし、先端から新苗をつくる。葉柄は長く直立し長毛がある。3出の掌状複葉で小葉は白緑色でうすく草質、光沢はない。下面は脈上に絹毛があり、頂小葉は倒卵形、先端は円形、基部は楔形、左右の側小葉はやや小形で、基部は左右が不同で歪んだ鈍形、いずれの小葉も下部を除いて、縁には毛の生えた荒い歯牙状の鋸歯がある。
【花期】5~7月 【草丈】10~15cm 【花色】白色
【分布】北海道、本州

17_20120715151934.jpg
モミジカラマツ 紅葉唐松 Trautvetteria carolininensis var. japonica
【特徴】山地に生える多年生草本で、茎の上部に短毛が密生し、葉は掌状に裂け、根生葉には長柄があり、裏面は大形で5~10に裂け、各裂片はさらに深く欠刻し、その上に微凸頭のある鋸歯がある。上葉は短柄あるいは無柄で長卵形または全縁の線形である。
【花期】7~8月 【草丈】30~50cm 【花色】白色
【分布】北海道、本州中部以北

18_20120715151934.jpg
ツルアジサイ 蔓紫陽花 Hydrangea petiolaris
【特徴】山野に生える落葉性低木で、木の幹とか岩によじ登る。樹皮は褐色で縦に薄く剥げ落ちる。若い枝は毛がないことも、毛のあることもある。葉は対生で長い柄を持つ。卵形または円形で、先端が鋭く尖り、基部は丸いか、心臓形、辺に鋭い鋸歯がある。
【花期】7~8月 【樹高】つる性 【花色】白色
【分布】本州、北海道、九州、四国

15_20120715152145.jpg

父親の釣りの収穫はいまいちでしたが、
花はいろいろ観れました。
それでは、次回まで。
2012.06
01
Category : ✿青森の植物
あるものを探しに行ったのですが、
探しているものは、見つからず、
こんなものを見つけてしまいました。
花の咲く時期がわからないと、なかなかこんな花の写真は撮れないかもしれません。
しかし、こういう均整のとれた葉の形や花形は、
綺麗と言うよりは、
何か、気持ちがいいように思えてしまいます。

1_20120601205641.jpg
2_20120601205640.jpg
3_20120601205639.jpg
5_20120601205638.jpg
4_20120601205738.jpg
5_20120601205638.jpg
6_20120601205637.jpg


クルマバツクバネソウ(車葉衝羽根草) Paris verticillata
【特徴】やや深い山中樹林内に生える多年生草本で、地下茎は横に延び、先端から緑色の茎を1本出して直立する。葉は茎の上端に6~8個輪生する。葉柄はなく、長楕円形状皮針形で先端は尖り、下部は次第に狭くなっている。
【花期】5~6月 【草丈】13~40cm 【花色】淡黄緑色
【分布】北海道、本州、四国、九州

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。